ベビーカーの種類、選び方

ベビーカーを購入する際の選び方としては自分の生活スタイルと予算に合わせて選ぶと後々の失敗は少ないでしょう。 ベビーカーには大きく分けてA型とB型の2種類があります。A型ベビーカーはまだ首の座らない新生児の赤ちゃんでも乗せれる事が可能で、走行性や安定性を重視しており、ベビーカー自体が7キロ程度ある物が多く、重いです。値段も若干高めですが、リクライニング機能や対面式に取っ手を持ちかえられたり、日光を照り返しを極力少なくする為にチェアが高い位置になっていていたりします。使用年齢は新生児から48カ月くらいの子までを対象としており、新生児の時からよく利用する人や長時間使用する人は向いているかもしれません。 一方でB型のタイプは、首が座った7カ月くらいの子から使用できます。背もたれに合わせて座らさせた状態で走行できます。2〜3キロと軽量で値段も安い事が特徴で、より安く軽量でコンパクトな物をバギーとも呼びます。新生児のうちはほとんど使わない人でも子供が大きくなってちょっとしたお出かけに利用したい場合にはママも片手も持てるので向いています。軽量な為、不安定感はA型よりある為、長時間の使用には向いていません。

ベビーカー選びのポイント

赤ちゃんの移動に欠かせないベビーカーには、様々な機能がついたものがありますので、用途に合わせて選ぶ事が大切です。最近の傾向として、赤ちゃんが座る座面が地面から高い商品が多くなりました。座面が高い方が通気性もよく、暑い夏には地面からの反射熱を受ける距離が遠くなるので、赤ちゃんが暑さを感じる負担が軽減されるメリットがあります。また、お母さんとの目線が近くなるので、赤ちゃんが落ち着くという利点もあります。次に動きやすさです。4輪とも4方向に動くタイプと、前輪のみ4方向に動くタイプがあります。前におす時には感じませんが、コーナーを曲がる時には、4輪とも動く方が楽に操作ができ、違いを感じます。商品により、コンパクトにたたむ時の操作にも違いがあります。片手で楽にたたむ操作が出来るタイプの物と、2段階に分かれており、両手での操作が必要なタイプがあります。また、座面がカゴになっていて、取り外しが可能で、そのままチャイルドシートに装着できるタイプもあります。このように商品によって、機能が変わりますので、生活スタイルに合わせた商品を選ぶ事が大切です。例えば、マンションの3階に住んでいて、階段での上り下りをする方は、赤ちゃんを抱っこしながら、ベビーカーをたたむ必要があるため、片手でコンパクトにたためるタイプがおすすめです。可愛いデザインの物がたくさんあり、迷いますが生活スタイルと機能を照らし合わせながら探すと、満足のいくベビーカーが見つかりやすいです。

注目サイト

iPhoneケース 縦開き
http://www.rakuten.co.jp/lifereborn/
パワーストーンの通販はMoon Rabbit
http://www.rakuten.co.jp/makotoya/
お見合いパーティー 東京
http://delphia-party.com/
ペットと泊まれる軽井沢の貸別荘は【アミーズヴィラ】
http://www.amybessou.com/
新宿のヘアエクステならDuo Hair
http://hair-exte.net/
Copyright (C) 2014 BabyCar's All Rights Reserved.